梅原大吾(プロゲーマー)結婚して姉は?コロナに感染!?年収で稼いでいる額は?

プロゲーマー


スポンサーリンク
梅原大吾(プロゲーマー)結婚して姉は?コロナに感染!?年収で稼いでいる額は?
日本初のプロゲーマーで“ウメハラ”の愛称で

知られる梅原大吾が8日、自身のツイッターを更新し、

新型コロナウイルスに感染したことを報告した。

梅原大吾は「6日、新型コロナウイルス陽性の結果を受けました

5日に高熱と倦怠感などの風邪の症状が出たため、

翌日病院で検査をうけたものです。

発症してからは外出せず、

保健所からの連絡を待ちながら自宅療養を続けています」と報告。

梅原大吾さんは、プライベートが気になりますので、

結婚して姉はいるのか!家族や年収で稼いでいる額は?

生活できるのか心配なので調査しましたので、

皆さんと一緒に確認していきましょう!!

スポンサーリンク

梅原大吾(プロゲーマー)のプロフィールについて

名前  梅原大吾

生年月日  1981年5月19日(39歳)

出身地  青森県

身長  173cm

血液型  AB型

所属  レッドブル・HyperX・Mildom

スポンサーリンク

日本では「ウメハラ」の愛称で知られていますが、

海外ではファーストネームの「ダイゴ」の他、

「The Beast」というイカツイ愛称で

知られている世界的にも人気の高いプロゲーマー。

ちなみに2010年にウメハラさんがマッドキャッツと

プロゲーマー契約を交わすまでは、

介護のお仕事をされていたそうです。

ちなみに両親も医療関係の職に従事。

噂だとお医者さんらしい??

家族構成としては上に姉ちゃんがいます!

家族はどうやら仲がいいみたいですよ!

格闘ゲームにおける日本人で初めてのプロ・ゲーマーとなり、

10歳からゲームに熱中し、14歳で日本一、17歳で世界一となります。

当時の開発本部長の岡本吉起から「10年に一人の天才」と呼ばれた。

「世界で最も長く賞金を稼いでいるプロ・ゲーマー」として

ギネスに認定される。

2016年には「ウルトラストリートファイターⅣでの

最高ランキング」と、あの有名な「背水の逆転劇」が

「最も視聴されたビデオゲームの試合」として、

さらに2つのギネス称号を手に入れました。

小学二年生で足立区に引っ越します。

配信等でよく足立区エピソードをネタにしており、

格ゲー界隈では危険な独立国家的位置づけになっている(笑)

趣味の麻雀はゲームを一時期止めていた間、

雀荘に勤めている時期もあった。

そこでボンちゃん(@katitagaribon)や

TOPANGA代表のニャン師と知り合う。

腕前はかなりのもので、特に打牌の速度が早いらしい。

ラーメンが好きで秋葉原の

「九州じゃんがららぁめん」に

通いつめていたなどのエピソードがあります!

スポンサーリンク

梅原大吾(プロゲーマー)結婚しているの?

その梅原大吾ですが、略歴情報を見る限り、

出身大学名は明記されていないので、

もともと大学には通っていないと思われます。

今現在、まだ独身の梅原大吾ですが、

どうやら彼女はいるようです。

というのも、昨年8月にラジオ番組にゲスト出演した際、

梅原大吾自身がこう話しています。

それによると、彼女は「まあ、中身は結構おじさんだと思います」。

そして、ゲームに理解がある人かどうかについては

「理解はあるんじゃないかなと思いますけど」とのこと。

7歳上の姉がいますが、

梅原大吾がゲームを始めたのは、

実はこのお姉さんの影響です。

梅原大吾いわく「姉は争いごとが苦手なやさしい性格だけど、

本当に要領がいい」し、「なんでも器用にこなせちゃう」ため、

子供のころは憎たらしく思っていたそう。

スポンサーリンク

梅原大吾(プロゲーマー)年収で稼いでいる額は?

プロゲーマーの存在は、あまりなじみがなく、

「ゲームで食っていけるのか?」と

心配になるくらいですが、果たして梅原大吾は、

ゲームでどの程度の収入を得ているのでしょうか?

昨年8月に放送されたドキュメント番組で

梅原大吾が出演した際、

インタビューで「世界のトップゲーマーの

年収は1億円を越える」と語っています。

自身の年収については「その人たちよりは少ない」としか語らず、

具体的な金額は明らかにしませんでした。

ネットなどの情報では約2000万円とされている

梅原大吾の年収ですが、

米国の企業と交わしたスポンサー契約、

イベントなどの出演に加えて、著作本も売れているため、

大会の賞金をあてにせずとも生活していけるそう。

ということは、噂されている年収2000万円は軽く上回りますね。

大会での獲得賞金ですが、

欧米では世界的な企業がスポンサーに付くことも珍しくないため、

賞金総額1000万ドル(約12億円)、

優勝賞金500万ドル(約6億円)という

破格の大会もあるくらいです。

優勝した場合はその7~8割程度を手にします。

2010年8月に「世界でもっとも長く賞金を

稼いでいるプロゲーマー」として、

ギネスワールド記録に認定され、

表彰されていることと、

勝率9割をマークしている実績から考えあわせて、

獲得賞金総額もかなりの高額と考えられます。

スポンサーリンク

最後に

梅原大吾が2012年4月に初めて出版した

「勝ち続ける意志力」。

梅原大吾のプロゲーマーになるまでの道のりを、

人間臭い視点でまとめ、多くの読者から「勇気をもらえる。」、

「一番熱くなれた本。」など非常に高い評価を獲得した

ベストセラー本です。

高評価の一因に、

数々の名言が語られていることが挙げられるでしょう。

「僕にとっての正しい努力。それはズバリ、変化することだ。

昨日と同じ自分でいない。そんな意識が自分を成長させてくれる。」、

「小さくてもいいから変えてみる。

そんな意識があれば、誰だって、いつだって自分を変えることができる。

そうやって自分の体験を増やしておけば、

ふとしたとき、前よりも視野の広くなった自分に気付くはずだ。」、

「日々の小さな成長の中で、ときに大きめの成長、

発見に出会うことがある。

いま、少し壁を越えたかもしれないと感じる瞬間だ。

そんなときは、僕も流石にテンションが上がる。

60の喜びが80くらいになる。

「いやぁ、今日は良い発見があった」と気持ちがいい。」、

「大会に勝って100の喜びを得ようとは思わない。

それよりも、日々の練習において60の喜びを得たいと思う。

喜びは60くらいがちょうどいい。

30だとプロとは言いにくいし、

100だと影響が大きすぎる。」などなど……。

これほどまでに、勇気をくれる名言はないですね!!

元気がでますね!!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
プロゲーマー芸能・ゴシップ
nasujun714をフォローする
世の中のニュースやトレンドに物申す⁈

コメント

タイトルとURLをコピーしました