Warning: session_start(): open(/home/xs951160/nasupapa.com/xserver_php/session/sess_b6a5327dbbc3f7d6ac2021fd88504092, O_RDWR) failed: Disk quota exceeded (122) in /home/xs951160/nasupapa.com/public_html/wp-content/plugins/ad-rpm-booster/ad-rpm-booster.php on line 11

Warning: session_start(): Failed to read session data: files (path: /home/xs951160/nasupapa.com/xserver_php/session) in /home/xs951160/nasupapa.com/public_html/wp-content/plugins/ad-rpm-booster/ad-rpm-booster.php on line 11
世良公則【歌手】若い頃かっこいい!結婚相手の嫁は誰画像や川島なお美不倫熱愛の真相は? | 世の中のニュースやトレンドに物申す⁈

世良公則【歌手】若い頃かっこいい!結婚相手の嫁は誰画像や川島なお美不倫熱愛の真相は?

芸能・ゴシップ
スポンサーリンク

世良公則【歌手】若い頃かっこいい!結婚相手の嫁は誰画像や川島なお美不倫熱愛の真相は?

川島なお美さんについては、裏社会系を描いた

映画での共演後、不倫関係となった

といわれています。

二人の付き合いを公表したのは、

マネージャーとして活躍され、川島さんが初めて

所属する事務所の社長を務めた三上喬弘氏。

当時、三上氏と所属タレントは川島さんのみという事務所。

川島さんの名前が世間に多く認知されるようになった頃、

川島さんがその事務所を独立したことに

意を反したのか、三上氏は川島さんに関する

暴露本を1999年に出版します。

本の内容としては、川島さんがまだ売れる前、

共演者など、多くの男性とお付き合いを

していたということを、実名で掲載。

その名前の中に、世良さんの名前もあったそうです!

実際はどうなのかは、当事者にしかわからない話ですが、

川島なお美は努力の人ではありますが、

どうも演技よりも、サイドストーリーのほうが

多い女優であったようです。



世良公則【歌手】のプロフィールについて

名前  世良公則

生年月日  1955年12月14日(65歳)

出身地  広島県福山市

身長  176cm

血液型  A型

事務所  ミスターセラプロジェクト

 

スポンサーリンク

世良公則さんの家族構成は、父・母・兄の4人家族です。

お父さんは地方公務員、お母さんは保育士で

お母さんの実家はお寺だったようですね。

海の近くに建つ県営アパートに家族4人で暮らし

気持ちの赴くままに行動する自然児的な

気質だったため、お母さんが

3歳からバイオリンを習わせていました。

音を耳で聴くだけで、楽器を弾ける

耳コピーができるようになったとか。

 

 

中学に入ると漫画に夢中になり、

本宮ひろ志作の『男一匹ガキ大将』が

大好きになり、お父さんからこっそり

借りていたラジオから流れてきた

ザ・ローリング・ストーンズの『Paint It Black』

ロックに夢中になり

お兄さんのギターを弾くようになります!

高校時代、同級生のバンドFBIバンドに加入

大学時代、2年生のときにヴォーカル担当、

4年生の時に「ツイスト」に改名

22歳、「あんたのバラード」で

レコードデビューを果たします!

その後出す曲すべてヒットして、

「夜のヒットスタジオ」や、

「ザ・ベストテン」の常連になります!

1981年末、「ツイスト」解散。

ソロとして音楽活動を開始すると

同時に俳優業も本格的にスタート

野村義男、宇崎竜童、岩城滉一、

高嶋ちさ子(バイオリン)、戸田恵子、渡辺美里らと

ユニットを組んだこともありますね。

俳優としては、極道の妻たち、下町ロケット、

NHK連続テレビ小説『梅ちゃん先生』、

マルモのおきてなど多数出演しています。

スポンサーリンク

世良公則【歌手】結婚相手の嫁は誰画像は?

世良公則さんは1980年に結婚します。

お相手の方は、なんと高校の同級生なんですね!

結婚した時、世良公則さんは25歳。

世良公則さんは嫁などについてインタビューでも

話すことは無く、世良公則さんの嫁についての

情報はありませんでした。

徹底してヒミツ主義だったんですね。

スポンサーリンク

世良公則【歌手】ヤマハポピュラーコンテスト出身!?

世良公則が芸能活動を開始した1970年代後半、

進化の大爆発を迎えていたのが

ニューミュージック界。

中でもヤマハポピュラーソングコンテスト、

通称ポプコン入賞者の活躍には

めざましいものがありました。

中島みゆき、八神純子、チャゲ&飛鳥、

クリスタルキングなど、数えればきりがありません。

1977年「あんたのバラード」で

衝撃的デビューを果たした世良公則&ツイストは、

テレビ出演OKの和製ロックグループとして、

フジテレビ「夜のヒットスタジオ」や、

TBS「ザ・ベストテン」の常連でした。

おかっぱの長髪に、皺くちゃの愛嬌ある笑顔。

ダイナミックな歌声と、派手なパフォーマンスで、

人気を独り占めしたのが、ボーカルの世良公則です。

スポンサーリンク

最後に

世良公則は、俳優を始めた頃、初ドラマで共演した

原田芳雄に「芝居も音楽もさ、同じ動物園なんだよ。

音楽の流れないドラマはないだろ?」と言われ、

スッと俳優の世界に溶け込めたと言っています。

原田芳雄らしい、分かったような、よく分からないような

アドバイスですが、たぶん歌うことも演技することも、

自分がいかにリズムに乗って自己表現できるか、

他のメンバーといかにセッションできるかだ、

という意味なのでしょう。

世良公則は、今でも音楽活動に積極的です。

アンプラグドの作品などは、

演技における豊かな表現力が、

大きく貢献しているように思われます。

長渕剛のように、俳優であっても歌であっても、

なにがなんでも長渕剛ではなく、

世良公則は、俳優と歌を両立することで、

より多彩な人生を演じることができるように

なったようです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
芸能・ゴシップ
スポンサーリンク
nasujun714をフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました