Warning: session_start(): open(/home/xs951160/nasupapa.com/xserver_php/session/sess_4af386a996901b7ad165af1953db6a34, O_RDWR) failed: Disk quota exceeded (122) in /home/xs951160/nasupapa.com/public_html/wp-content/plugins/ad-rpm-booster/ad-rpm-booster.php on line 11

Warning: session_start(): Failed to read session data: files (path: /home/xs951160/nasupapa.com/xserver_php/session) in /home/xs951160/nasupapa.com/public_html/wp-content/plugins/ad-rpm-booster/ad-rpm-booster.php on line 11
大原めぐみ(声優)のび太以外のキャラで旦那との馴れ初めは? | 世の中のニュースやトレンドに物申す⁈

大原めぐみ(声優)のび太以外のキャラで旦那との馴れ初めは?

声優


スポンサーリンク
大原めぐみ(声優)のび太以外のキャラで旦那との馴れ初めは?
大原めぐみさんといえば、なんてたって『ドラえもん』の

のび太役の声優ですよね!

『ドラえもん』では、欠かすことが出来ませんね!

大原めぐみさんは、声優なので他のキャラの声優が

何があるのか気になりますね!

それでは、大原めぐみさんののび太以外のキャラは何か?

プライベートでは、旦那さんとの馴れ初めなどを調査しました!!

スポンサーリンク

大原めぐみ(声優)のプロフィールについて

名前  大原めぐみ

生年月日  1975年4月16日(46歳)

出身地  東京都

身長  156cm

血液型  0型

事務所  ケッケコーポレーション

スポンサーリンク

大原めぐみさんは、小学1年生の頃に父親にすすめられて

児童劇団に入ります。

児童劇団に入りましたが、

映画やドラマのレギュラー出演はなかったんですが

唯一CMのエキストラ出演はしたことがあるとか。

その後は一旦美容師の職に就きますが、

結婚・出産後に声優への転職を決意します。

そう考えると、声優になるのが遅いんですね!

メイド居酒屋ひよこ家でのバイトをしながら

難波圭一が主宰する松濤アクターズギムナジウム(SAG)声優部に

第8期生として入学し、

2005年に29歳にしてゲーム

『THE 鑑識官』の鑑太役で声優デビューを果たします!

声優になるには、年齢はあんまり関係ないんですかね!

それからまもなくして『ドラえもん(テレビ朝日版第2期)』にて、

応募総数590人・倍率約120倍に及ぶ

オーディションを勝ち抜き野比のび太役に抜擢、

テレビアニメデビューを果たす、

倍率約120倍もの門を勝ちっとったのは凄いですね。

相当な努力のたまものなんだと思います!

スポンサーリンク

大原めぐみ(声優)のび太以外のキャラ

大原めぐみさんの経歴を調べましたが、

ほとんどが、のび太の声優でほかのキャラだと

スティッチ! ?ずっと最高のトモダチ~の

生徒F、カップル女、四子、女性、女の子Aなどや

それでも町は廻っているという作品の

夏彦少年、末兼レポーターなどにとどまっていますね!

それは、どういうことなのでしょうか。

オーディションをやっても受からなかったのか

あえて、オーディションをしないでのび太だけで

いいということなのでしょうか。

まあ、のび太の声優だけで生活できる

お金を貰っているということなのでしょう

スポンサーリンク

大原めぐみ(声優)旦那さんとの馴れ初め

旦那さんとの馴れ初めなのですが?

一般人のためなのか情報がまったくありませんね。

それでも、ものすごくできた旦那さんで、

大原めぐみさんのコメントがあります!

主人がすごく協力的で、応援してくれる人だったんですよ。

私が「声優の勉強をしたい」と言い出したときも

「君がやりたいのなら、やってみれば?」と

賛成してくれて。

私が説得する必要はまったくなかったです。

レッスンに通い始めてからは、

主人が子供を見てくれるようになりました。

主人は子供好きで、子育てが大変だとこぼすこともなく、

私がレッスンから帰っても温かく迎えてくれました。

レッスンは週1回、日曜の3時間でしたが、

子供がまだ1歳くらいだったので、

世話は大変だったと思います。

主人には本当に感謝しています。

素晴らしい旦那さんなんですね!

スポンサーリンク

最後に

大原めぐみさんは、『ドラえもん』の野比のび太に

育てていただいた感覚があるといいます!

『ドラえもん』は子供の頃からめちゃくちゃ観ていました。

「こんな道具があったらいいな」と妄想したり、

勇気づけてもらったり、

つらいときに現実逃避させてもらったり……

すごく救われた作品です。

気が付けば『ドラえもん』が存在していて、

毎週この時間にテレビをつければドラえもんに会えるという

安心感がありました。

ストーリーも『水戸黄門』のように、

最後に必ず平和になって

一件落着する感じがいいんですよね。

のび太の声優のオーディションについても話ています!

事務所の所属になって1年か1年半くらいの頃でした。

最初にテープオーディションがあって、

「自分がやりたい役をやってください」と言われたので、

のび太とドラえもんをやりました。

そのときは、大好きな『ドラえもん』のオーディションを

受けられるというだけでうれしくて、

自分が審査に通るなんて1ミリも考えていなかったんです。

その後の2次審査は、スタジオオーディションでした。

そこには、自分がすごいと思っていた声優さんたちがいらして、

「あの方たちも受けてるんだ~!!」って、

何だか夢のような感じでした。

そういう方たちにお会いできてラッキー!!みたいな(笑)、

ミーハーな感覚だったんですよ。

本当に無欲で「ここまでこられただけで幸せ」という

感覚しかなかったので、緊張もあんまりしなかったですね。

3次審査まであって、そのときにはもう決まっていたんですね!

大原めぐみさんもわかっていなくて、

頭も真っ白になって「うそでしょ? どうしよう?

選ばれちゃった」というのが素直な感想だったみたいですね!!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
声優芸能・ゴシップ
スポンサーリンク
nasujun714をフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました