Warning: session_start(): open(/home/xs951160/nasupapa.com/xserver_php/session/sess_4cfa849ab167627e74ea7ad2f324f94c, O_RDWR) failed: Disk quota exceeded (122) in /home/xs951160/nasupapa.com/public_html/wp-content/plugins/ad-rpm-booster/ad-rpm-booster.php on line 11

Warning: session_start(): Failed to read session data: files (path: /home/xs951160/nasupapa.com/xserver_php/session) in /home/xs951160/nasupapa.com/public_html/wp-content/plugins/ad-rpm-booster/ad-rpm-booster.php on line 11
北川悦吏子【脚本家】若い頃かわいい!結婚相手の夫馴れ初めや子供は?中学高校大学や難病との結婚生活とは!? | 世の中のニュースやトレンドに物申す⁈

北川悦吏子【脚本家】若い頃かわいい!結婚相手の夫馴れ初めや子供は?中学高校大学や難病との結婚生活とは!?

脚本家
スポンサーリンク

北川悦吏子【脚本家】若い頃かわいい!結婚相手の夫馴れ初めや子供は?中学高校大学や難病との結婚生活とは!?

北川悦吏子さん10万人に1人の割合で発症するという

病気国が難病指定する「炎症性腸疾患」

1999年に北川悦吏子が人間ドッグを受けた時に分かったそうです。

「潰瘍性腸炎」「クローン病」の総称でもありますが、

症状は、大腸などの粘膜に原因不明の慢性炎症や

潰瘍が起こって消化活動が妨げられ、下痢、血便が続くというもの。

命を落とすことはありませんが、

ひどい痛みが伴うため、生活全般が大きく犠牲に

なってしまう病気です。

北川悦吏子も倒れ、10年以上にも及ぶ闘病生活が始まりました。

ただし完全に治ることがないのが

「炎症性腸疾患」の特徴で、さまざまな薬、

時には新薬を投与するも再発を繰り返してしまい、

ついに2010年6月には最終手段であった”大腸全摘手術”に乗り出しました。

それによって症状は落ち着いたそうですが、

”完治”が見込めないのは苦しいかぎりですね。

北川悦吏子には少女時代から腎臓に持病がありました。

その上での出産がたたって「炎症性腸疾患」を

引き起こしたのではないかという懐疑の中、

闘病中には、時間の経過が分からなくなるほどの

痛みをこらえながら執筆を続けていたそうです。

また、大腸全摘後のトラブルとの戦いも体力を要するものだったとか。

今度は左耳が突然聞こえなくなりました。

診断名は「聴神経腫瘍」。

良性の脳腫瘍が聴神経を圧迫するために、

聴覚に異常をきたす病気です。

聴覚以外の症状は、顔面のしびれ、嚥下障害、

めまい発作などが有名で、進行が遅く、

発見が遅れがちになることが多いそうです。

一般的には外科手術で摘出すれば完治も可能ですが、

北川悦吏子のように聴覚低下が顕著の場合はその限りではありません。

現在、北川悦吏子の左耳は完全失聴しており、

”潮騒みたいな音”や”ザリガニがバケツを

ガサガサ這うような音”に似た耳鳴りだけが続いているそうです。



北川悦吏子【脚本家】のプロフィールについて

名前  北川悦吏子

生年月日  1961年12月24日(60歳)

出身地  岐阜県美濃加茂市

身長  非公開

血液型  B型

所属  脚本家

 

スポンサーリンク

北川悦吏子さんの父親は当時岐阜県多治見市にある

東濃信用金庫に務めており、母親は専業主婦でしたが、

娘が地元の短大や名古屋あたりの女子大に

進むものだと思っていたため上京したいという希望に

驚き反対していました。

北川悦吏子さんには現在情報科学の研究者をしている

実兄・北川高嗣さんがいますが、

間に立って両親を説得して貰ったことで

父親から大学生活の4年で戻るという念書を

書かされて上京が許されたそうです!

北川悦吏子さんは、広告代理店に就職しましたが、

新人に課せられた雑用の多さに心身ともに

疲弊しきってしまいわずか半年で退社してしまいました。

半年間療養をしていましたが、

北川悦吏子さんはにっかつ撮影所に入社して業務と並行して

現場で脚本を学び、1989年に放送された

ドラマ『月曜 女のサスペンス(テレビ東京系)』の一編

『赤い殺意の館』の脚本を担当してデビューしました。

北川悦吏子さんは1991年に放送された

ドラマ『世にも奇妙な物語(フジテレビ系)』内の

エピソード「ズンドコベロンチョ」の脚本を担当して

世間的な注目を集めるようになりました。

スポンサーリンク

北川悦吏子【脚本家】結婚相手の夫馴れ初めや子供は?

1993年に結婚してお相手は、共同通信社社員の石原耕太さんでした。

馴れ初めについては、仕事から知り合い結婚したのでしょうか?

16歳当時から医師から出産はできないことを

宣告されていました。

1997年に妊娠、そして医師の反対を

押し切り出産に踏み切ったのです!

誕生したのが埜々香さんという女の子でした。

埜々香さんはすくすくと成長し、

北川悦吏子さんと同じく早稲田大学へ入学されたそうです。

日本テレビ系『アナザースカイ』には母子で登場したことも

あるんだとか。

スポンサーリンク

北川悦吏子【脚本家】中学高校大学は?

北川悦吏子さんの中学校は、公表されていませんでしたが、

美濃加茂市内の公立中学に通われたのでしょうか。

出身高校は岐阜県立加茂高等学校ですね、

出身地から卒業者を探すと見つかりました。

1911年に高校を設立して、2007年に岐阜県立白川高等学校と統合している、

過去に有名大学の進学実績のある進学校で、男女共学ですね。

北川悦吏子さんの大学は、早稲田大学第一文学部ですね!

スポンサーリンク

最後に

北川悦吏子さんのスリーサイズやカップサイズが

気になりリサーチしてみました!

スリーサイズは、もちろん、公表されていませんでしたが、

カップサイズは、推測しますと

B~Cカップぐらいではないでしょうか?

北川悦吏子は、「あすなろ白書」「ビューティフルライフ」

「ロングバケーション」など、1990年代の日本ドラマ界を盛り上げ、

若い視聴者の絶大な支持を集めてきました。

2000年代に入っても「オレンジデイズ」「たったひとつの恋」など、

多くの人々が胸をときめかせてきた北川悦吏子作品。

男女の心情の機微のリアリティと、セリフの丁寧さは、

まさに日本恋愛ドラマのスタンダード。

今でも北川悦吏子の連ドラ作品を

待ち望んでいるファンは多いはずです!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
脚本家芸能・ゴシップ
スポンサーリンク
nasujun714をフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました