マフィア梶田【俳優】母親は元女優で父親登山家?高校でおこした問題が驚愕!?

ユーチューバー
スポンサーリンク

マフィア梶田【俳優】母親は元女優で父親登山家?高校でおこした問題が驚愕!?

マフィア梶田さんの高校は

ミッション系の厳しいところで

エリート揃いの進学クラスと誰でも入れる普通クラスで

生徒はガリ勉か馬鹿の2種類だったそうです!

しかも校舎が山奥にあって男子寮に入っていました。

当時はがんじがらめに縛られた

学校生活が本当に苦痛で、

閉塞したコミュニティの中で

くだらない規則を押し付けてくる

周囲の人間が、とにかく憎くて

しょうがなかったといいます!

しばらくはそれでも我慢して大人しく

過ごしていたのですが、2年生になった頃から

限界を迎えまして。

気に入らないものは暴力で遠ざけるという

最悪の方向に進んでしまい、

学校では数少ない友人も無くして

完全に孤立していました。

周りからは、突然人が変わったように

見えていたと思います。

授業は1日8時間、その後に自習という

名の監視付き強制学習が2時間。

娯楽は漫画や小説などを持ち込めたものの、

少年院のような場所だったとか。。

この生活だと間違いなくストレスが溜まって

暴力に走ってしまうのがわかりますね!



マフィア梶田【俳優】のプロフィールについて

名前  マフィア梶田  本名  梶田 隆基(かじた りゅうき)

生年月日  1987年10月14日(34歳)

出身地  三重県

身長  192cm

血液型  A型

事務所  フリー

 

スポンサーリンク

生まれは中国の上海で

中学卒業までは日本人学校に通っており、

帰国子女だそうです。

日本に帰国後、“荒れた”高校時代を

迎えますが、転機となったのはゲーム、

そしてアニメ「エヴァンゲリオン」との出会いでした。

マフィア梶田さんの出身高校についての

具体的な情報は非公開です。

マフィア梶田さんは大学へは

進学されていないとわかりました。

高校卒業後に進学されたのは専門学校の

「バンタンゲームアカデミー」です!

専攻は「ゲームライター科」。

ここでライターとしての基本技術を

身につけたそうですが、当時もビジュアルは

現在と同じだったのだとか。

バンタンゲームアカデミー在学中、

特別講師として訪れた4Gamerの方に

「書かせてくれ」と直談判。

 

 

2007年にライターデビューを果たしました。

そして取材などを通じ、声優業界やゲーム業界へと

人脈を広げていきます。

声優・杉田智和さんもその一人。

その後、ラジオ番組

「杉田智和のアニゲラ!ディドゥーーン」に

出演したことをきっかけに一気に

知名度を上げました。

以降は、RADIO 4Gamer Tap(仮)の

メインパーソナリティー、

TV番組ペルソナストーカー倶楽部など、

多くのメディアから引っ張りだこの存在です。

YouTubeではゲーム実況が中心の「マフィア梶田」に投稿中で

トークが中心の「マフィア梶田と中村悠一の

「わしゃがなTV」」があります!

スポンサーリンク

マフィア梶田【俳優】母親は元女優?

上海に生まれたというマフィア梶田の母親は、

中国の女優だったとか。

人気声優の浪川大輔が監督を務め、

2010年6月に公開された映画「ワンダフルワールド」の

先行上映会でのお話。

多くの声優キャストと一緒にマフィア梶田が登壇した際、

彼自身は演技経験がありませんが、

「俺の母親は元女優だったりするので、

少しは才能を受け継いでいたらいいが」と話していました。

マフィア梶田の母親と父親は、

今も上海に住んでいるとのこと。

また、妹がいるらしく、

「自分の妹はアメリカに留学していて大学院に進む」

「第一志望は受かり、次は香港の学校に行く」と、

妹の優秀ぶりがうかがえる話をしており、

溺愛ぶりが見てとれます。

スポンサーリンク

マフィア梶田【俳優】父親は登山家?

丸紅の商社マンから脱サラ、

中国の上海で独立して会社経営をしています。

チベットの未踏峰ナムチャバハワを

世界で初めて征服し平成4年、

当時の鳩山邦夫文部大臣から表彰されていました。

2009年、南アルプス(埼玉県秩父市)で遭難して死亡。

お父さんの事故に関しては、

登山家の方々が追悼の言葉を書いた記事が

いくつかネット上にありました。

 

 

中国語を自在に扱え、登山経験が

豊富な方だったため、マネージャーとして

皆んなを引率する役割をなさっていたようです。

スポンサーリンク

最後に

マフィア梶田は2016年7月に公開され、

話題となった映画「シン・ゴジラ」に出演しています。

それも本作の重要人物となる

アメリカ合衆国大統領の特使、

カヨコ・アン・パタースン(石原さとみ)の

SPという役どころでした。

シン・ゴジラは内容が万人受けしないのではないかと

心配していたマフィア梶田は、

一映画ファンとして大ヒットに安堵したとか。

当然のことながら撮影中にゴジラは

登場しませんから、マフィア梶田は

どんな作品になるのか

分からなかったと話しています。

成功する人は運命的な出会いの連続ではないかと

推察しますが、マフィア梶田も同様でした。

マフィア梶田が「シン・ゴジラ」に

出演することとなったのは、

あるアーティストのライブへの招待から。

なんとその場にシン・ゴジラの監督である

庵野秀明監督も夫婦で招待されており、

そこで話をしたことをきっかけに、

監督直々に出演オファーが舞い込んだのだとか。

マフィア梶田はその特徴的な風貌から怖い

イメージを持たれがちですが、

庵野監督はマフィア梶田の本質を見抜いていたの

かもしれません。しかし残念ながら共演した

石原さとみとは、仲良く談笑するまでに

打ち解けることは叶わなかったようです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ユーチューバー俳優声優芸能・ゴシップ
nasujun714をフォローする
世の中のニュースやトレンドに物申す⁈

コメント

タイトルとURLをコピーしました