寺島しのぶ【女優】脱ぎっぷりに映画『キャタピラー』動画濡れ場シーンは本番をしているの!?(動画有り)

タレント
スポンサーリンク

寺島しのぶ【女優】脱ぎっぷりに映画『キャタピラー』動画濡れ場シーンは本番をしているの!?(動画有り)

こちらが問題の絡むシーンですが、

映画「キャタピラー」の中では

絡むシーンはいくつかあります。

久蔵が四肢を失っているというところから、

基本的には全ての絡むシーンが騎乗位となり、

しっかりと挿入している様な姿、

また、後ろからではありますが、

アップのシーンなどもあり、

これはかなり挿入している

可能性が高く思われます。



寺島しのぶ【女優】『キャタピラー』濡れ場を【徹底検証】!

全てに関してエグくする為に全ての部分を

リアルに描いているのかもしれません。

挿入に関しては実際に入れている

可能性が高い様に思います。

寺島しのぶさんがしっかりと上に

乗っている姿、そして二人のモノまでは

映っていなくても寺島しのぶさんが

乗っかっている際のお尻のアップまであるので、

これを実際に入れないで

撮るのは難しく思います。

実際に入れているのではないか?と

思われるコメントもあります。

「身を削ってまでやらなければと

思った作品は久々でした」と語っています!

実は寺島しのぶさんは他にもいくつもの

濡れ場を経験しています。

その寺島しのぶさんが「身を削った」ということは、

他の濡れ場とは違う経験をしたということ、

つまり挿入したということに

なるのではないでしょうか。

 

 

更に監督のインタビューを見て見ると

気になる発言がありました。

脱ぐシーンがあるのですが、

事務所は「脱がせないでください」って。

でも、僕はそういう要求は聞かないので

でも、あのシーンはこちらの指示ではなく、

本人がああいう風に演じたんです。

シナリオにはある程度のことは

書いてありますけど、僕が「ああしろ」って

言ったわけではない。

僕はだいたい、ぶっつけ本番で撮るんですけど、

あのシーンはもう一発でOKでした。

そうやって本人が自分の意志で演じたわけですから、

事務所がなんと言おうが仕方ない

この監督のコメントからも挿入している

可能性が高い様に思います。

監督の言う「ああいう風に」というのが

どういった意図なのかはわかりませんが、

全てを自分の意志で行っているという

ことは台本とは違う形の演技を

しているということになりますね!

台本には本当に挿入するなんて

書かれているわけありませんから、

その点から見ても本人達の意志で

挿入してしまったとも受け取れます。

一つネックなのは四肢を失っている

久蔵の体をどの様に作っているのか?

という部分です。これが作り物である場合は

作り物の体に乗っかっているわけですから、

挿入していないということになります。

スポンサーリンク

寺島しのぶ【女優】映画『キャタピラー』のあらすじは?

舞台は1940年、とある農村に住む青年、

黒川久蔵(大西信満)は

日中戦争の激化に伴い徴兵を受け、戦地へと赴きます。

4年後、黒川久蔵は頭部に深い火傷を負い、

四肢を失った姿で村に帰還することになってしまいました。

戦線で爆弾の爆発に巻き込まれた彼は、

声帯を傷つけて話すこともできない上、

耳もほとんど聴こえない状態になり、

「不死身の兵士」と新聞に書き立てられ、

少尉にまで昇進した久蔵を村人は

「軍神様」と呼び崇め称えるものの、

親戚たちは彼の変わり果てた姿に絶望し、

妻であるシゲ子(寺島しのぶ)に

世話を全て押し付けてしまう様になるのでした。

シゲ子は無理心中を図り久蔵を殺そうと

するが思い留まり、軍神の妻として献身的に

尽くすようになるのですが、

実は久蔵は欲深く暴力的な性格の男だったのです。

彼は体に残された知覚で意思を伝え、

美味な食事、自身の名誉の誇示、

そして性行為をシゲ子に要求し続けていきます。

久蔵は次第に勃起不全に陥り、

それを知らないシゲ子は、かつて暴力によって

自分を支配していた夫への憎悪や

怒りを爆発させます!

スポンサーリンク

寺島しのぶ【女優】富司純子と娘寺島しのぶの壮絶なバトルとは?

すでに70代を超える年齢でありながら、

美貌を保ち、女優として活躍し続けている

富司純子(ふじすみこ)は、日本の映像界になくて

はならない存在である一方で、

2人の子の母でもあります。

富司純子の娘は、言わずと知れた

演技派女優として知られる寺島しのぶです。

映画「ヘルタースケルター」で演じた

レズのマネージャーといった衝撃的な役どころを

任されることも多く、過去にはアカデミー賞や

ブルーリボン賞などを何度も獲得した誰もが

認める実力派。2010年には、映画「キャタピラー」で、

世界の三大映画祭と言われている

ベルリン国際映画祭において、日本人女優として

3人目となる銀熊賞を受賞しました。

富司純子と寺島しのぶは、同じ女優という土俵で

活動してきたため、母と娘、あるいは

女優同士という複雑な関係性から

衝突することもあったようです。

寺島しのぶが主演することになった

映画「赤目四十八瀧心中未遂」の劇中、

刺青姿はおろかヌードシーンまであると知った

富司純子は出演に猛反対。

「出演するならば自ら命を絶つ」という

発言まで飛び出す大喧嘩に発展したそうです。

結果的には、女優魂を貫いて出演を決めた

「赤目四十八瀧心中未遂」で、

寺島しのぶはアカデミー賞

最優秀主演女優賞を獲得しました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タレントドラマ女優芸能・ゴシップ
nasujun714をフォローする
世の中のニュースやトレンドに物申す⁈

コメント

タイトルとURLをコピーしました